ホームページよりも健康が気になる、婚活に詳しいウェブ担の独り言

長年、ウェブマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから、最近は仕事よりも健康が気になっています。最近は、特に婚活サイトの作成依頼が多いから、いつのまにか婚活にも詳しくなりました。

便秘薬、下剤について

便秘薬の分類

一般的に、便秘薬(瀉下薬)とは、腸の内容物を軟らかくして排泄を容易にしたり、あるいは、腸に直接働いて蠕動運動を促進する作用を持つ薬剤を指します。

便秘薬は、作用効果の強さにより、緩下薬(比較的効き目が穏やか)と峻下薬(比較的効き目が激しい)とに分かれますが、作用部位でみた場合は、小腸性下剤と大腸性下剤とに分類することができます。

また、作用のしくみといった側面からは、下記のように分類されます。

・塩類下剤
・膨潤性下剤
・湿潤性下剤
・刺激性下剤
・その他

 

便秘薬の種類<塩類下剤>

浸透圧の作用で腸内に水分を留め、便を軟らかくし、量を増やすことで腸に刺激を与え、便意を起こさせます。大量の水と共に服用するとより効果的です。

習慣性が少ないため長期服用も可能な薬剤ですが、適量を超えて服用した場合や腎臓に障害がある場合は、高マグネシウム血症を引き起こし、血圧低下・嘔吐などの症状があらわれる危険性があります。

また、効果があらわれるまで比較的早く作用するのが特徴です(酸化マグネシウム・硫酸ナトリウム・クエン酸マグネシウム・酸化マグネシウムなど)。

 

便秘薬の種類<膨潤性下剤>

食物繊維と同様の作用があり、消化管内で水分を吸収して膨れ、腸の内容物の容積を増やし、腸に刺激を与えるため、弛緩性便秘に適しています。

習慣性はありませんが、作用が穏やかなため他薬と併用することが多い薬剤です。最大効果は2~3日連続使用した後に出ますので、コップ1杯以上の水で、就寝前に服用するようにしましょう。

また、妊娠時においては、早産や流産の危険性があるため、使用時には特に注意が必要です(カルボキシメチルセルロース・プランタゴ・オバタ種皮など)。

 

便秘薬の種類<湿潤性下剤>

界面活化作用で便の表面張力を低下させることにより、水分を浸透させ、軟らかくしますが、単体では効果が弱いため、刺激性下剤と併用される場合が多くみられます。

また、効き目も穏やかで副作用がほとんどないため、高齢者にも安心して使えますが、脂溶性ビタミン剤の吸収障害には注意が必要です。

効果があらわれるまでには、8~12時間かかります(バルコゾル・ジオクチルソジウムスルホサクシネートなど)。

 

便秘薬の種類<刺激性下剤>

直接、大腸の腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促しますが、作用が強く、習慣性があるのが特徴です。

刺激性下剤の長期使用は、大腸内膜に異常な変化をもたらす上に、依存症を引き起こすため、腸弛緩症候群を起こしがちです。市販の便秘薬は、ほとんどがこの刺激性下剤ですが、服用は短期間にとどめる必要があります。

また、オピオイドなどの便秘を起こしやすい薬を使用している人には、刺激性下剤は便秘予防薬として効果がありますが、効果があらわれるまでに、8~12時間かかります(ヒマシ油・フェノバリン・ビサコジル・センナなど)。