ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

病気が原因ではない肩こり

肩こりには、「病気が原因」の肩こりと、「病気が原因でない」肩こりがあります。ここでは、病気が原因ではない肩こりについてみていきます。 原因その1「体型」 体型が肩こりを引きおこす要因となることもあります。次のような体型は、肩こりになりやすい…

病気が原因の肩こり

心の病気 肩こりには「病気が原因の肩こり」と「病気が原因でない肩こり」があります。ここでは、「病気が原因の肩こり」について、詳しくみていきましょう。 原因その1「ストレス・うつ」 最近では、ストレスや心の病気が原因でおこる肩こりが増えてきてい…

肩こりのメカニズム

国民病ともいわれる「肩こり」。頭と首を支えている肩周辺の筋肉が疲労してあらわれる、「重い」「痛い」「はる」「こわばる」などの感覚を総称して「肩こり」と呼んでいます。 厚生労働省の国民生活基礎調査(平成25年)によると、日本人の体の不調を訴え…

目のトラブルを解消・軽減する方法まとめ

ここでは疲れ目、眼精疲労、ドライアイをはじめとする目のトラブルを予防・回避あるいは症状を軽減する方法について、これまでに執筆してきた記事を見やすくまとめてみました。今では、パソコンやスマートフォン、テレビのない生活は考えにくくなっています…

抗酸化物質が目の病気を予防する(目のトラブル編 最終回)

さて、これまで目のトラブルに関して、しばらく記事を書いてきましたが、「目のトラブル」に関する記事は本日が最終回です。最終回は活性酸素を取り除き、目にやすらぎを与える優秀な成分、物質について紹介したいと思います。 目に限らず、からだに嬉しくな…

目への作用が注目される成分と食べ物

食品中に含まれ、目への作用が注目される成分には、キチン・キトサンやポリフェノールがあります。また、目の組織成分として存在するコラーゲンやコンドロイチンも見逃せません。 キチン・キトサン キチン・キトサンは、カニ、エビ、シャコなどの甲殻類や貝…

目の健康のため摂取しておきたいミネラル

ミネラルは、からだの機能を維持し、体質を整えるために必要な微量栄養素です。亜鉛やマグネシウムなど、目の健康にぜひ摂取したいミネラルをいくつか選んで簡単に紹介します。 亜鉛は、目の細胞を正常に保つために必要なミネラル 目を構成する必要な細胞組…

カルシウムは目の栄養源として欠かせない

カルシウムはビタミンと並んで、からだに必要なミネラルの代表ともいえる栄養素です。骨や歯の成分としてよく知られていますが、目の健康にとっても必要不可欠な成分です。 カルシウムはミネラルの代表的な栄養成分 カルシウムのことを述べる前に、ミネラル…

他にもある、目にいいビタミンの働きと摂り方

種類が多いビタミンの中で、AとB群は特別ですが、その他にも目に有効なビタミンがあります。おもなビタミンをピックアップしましたので、食生活の参考にしてみてください。 ビタミンB2は、疲れ目や目の充血の改善に効果的 ビタミンBは、とくに脂肪のエネルギ…

ビタミンBが欠乏すると視力が低下する

ビタミンB群の中で、ビタミンB1とビタミンB12は視力の低下を防ぎ、目の疲労を軽減させる効果があります。しかし、体内に蓄積できなため、必要量を毎日積極的にとることが必要です。 目の粘膜組織を正常に保ち活性化させるビタミンB群 ビタミンB群に共通した…

ビタミンA不足はドライアイや夜盲を招く

ビタミン群の中で、特に目の働きに重要な役割を果たしているのがビタミンAです。欠乏すると、薄暗いところが見えなくなったり涙の量が減るなど、夜盲や眼球乾燥症の原因にもなります。 ビタミンAには、眼精疲労やドライアイを予防する作用が 現在、ビタミン…

目のトラブルを防ぐストレス対策

ストレスは「万病のもと」と言われますが、目の病気も例外ではありません。ストレスを原因とする目のトラブルを防ぐためには、何よりもストレスを遠ざけ、蓄積しないことです。 積極的にストレスを予防・解消して目の健康を守ろう 現代社会は、さながら「ス…

疲れ目の大敵、睡眠不足はこうして解消する

寝不足は目の大敵です。特に慢性的な睡眠不足は心身を疲労させ、疲れ目など目にさまざまなトラブルを発症させます。解消策を身につけ、十分な睡眠をとるようにしましょう。 睡眠不足は視神経を緊張させ、目に異常を招きやすい 目の酷使、ストレス、睡眠不足…

疲れ目には休息が一番の特効薬

疲れ目や眼精疲労はさまざまな要因で起こりますが、生理的に起こる場合は、目を休ませることが最良の特効薬になります。また、疲労回復には、冷・温湿布も効果的です。 疲れたら休む。これが目をいたわる最良の手段 目を必要以上に使えば、生理的に疲れます…

正しい姿勢が疲れ目を予防する

悪い姿勢は、疲れ目や視力を低下させる大きな要因にもなります。特に、座って作業したり読み書きするときは、姿勢を正しく保ち、ものとの距離や角度に気をつけることが必要です。 机での作業は、背筋を伸ばし30センチ以上離れて見る 姿勢が悪いと、からだ…

気になるドライアイの自覚症状は?

目の文明病とも呼ばれるドライアイの自覚症状は、人によってさまざまですが、いくつか特徴があります。おかしいと思ったときは、早めに医師の診断を受けましょう。 こんな症状がある人はドライアイに注意! ドライアイの自覚症状は非常に多く、また人により…

コンピュータ社会が疲れ目に拍車をかける

コンピュータの発達は、私たちに大きな恩恵をもたらしてくれる一方で、目を酷使する要因ともなっています。目に悪影響をおよぼさないよう、上手に対応する知恵が今求められています。 ハイテク機器の普及が眼精疲労を慢性化させる 疲れ目、眼精疲労、ドライ…

疲れ目を放置するとストレスが溜まる

疲れ目や眼精疲労を放置するとストレスを招きやすく、やがて健康を害する大きな要因になります。特に持病のある人は、ストレスが症状を悪化させることもあります。 ストレスは血圧を上昇させ、動脈硬化を促進させる 疲れ目や眼精疲労を放置すると、さまざま…

疲れ目は単なる症状?それとも病気?

疲れ目は、単に生理現象として起こる場合と、病気など心身の異常が原因で起こる場合とがあります。症状だけでは判断できないので、検査をして詳しく原因を調べてもらいましょう。 生理現象として一時的に目が疲れることも多い 100メートルを全力疾走すれ…

なぜ、疲れ目やドライアイが問題なのか?

さて、これまではWeb制作に関する記事を紹介してきましたが、これからしばらくは、Web制作に関わっている方を苦しめるからだのトラブルについて書いていきたいと思います。まずは、目のトラブルからです。 Web制作に携わっている方は、少なからず目を酷使し…

Webサイトを更新するメリット

Webサイトは情報の鮮度が大切ですので、更新作業をきちんとしていく必要があります。当たり前のことなのですが、続けていくにはきちんとした仕組みや「更新をするメリット」を認識する必要があります。 Webサイトを更新する理由 例えば、2年間ほど更新のな…

Webサイトで信頼を勝ち取ろう!

Webサイトは顔の見えないビジネスです。初めて訪れるユーザーは、本当に信頼できるWebサイトかどうか不安を抱いているかもしれません。その不安を信頼に変えていくには、当たり前のことを当たり前に行っていく必要があります。 Webサイトは気配りが命! 人間…

Webサイト運営って何をするの?

成果を上げているWebサイトは必ず運営をしています。Webサイトを作ってはみたが反響がなかったという話を聞きますが、原因は「適切な運営をしていない」というケースがほとんどです。 Webサイト運営とは Webサイトを放置していたら、売上につながるような成…

Webサイト制作でよくある疑問・質問

Webサイト制作を行う上でよくある疑問をまとめてみました。制作を依頼する際の参考にしてみてください。 よい制作会社かどうかは何を見て判断するの? まずは、ユーザーの視点に立って、制作実績で紹介されているWebサイトを見てみましょう。例えば、通販サ…

Webサイトの管理費を支払うと何をしてくれるの?

Webサイトは完成してからが勝負です。リアルビジネスで店舗が完成した時をイメージすればわかると思いますが、実際のお店を開店してからが本当のビジネスのスタートです。それはWebサイトも同じです。よいビジネスパートナーを見つけて売上アップにつながるW…

Webサイト制作のポイント【システム編】

多額の費用をかけてオリジナルのシステムを構築したはよいが、ほとんど使用していないという例もよくあります。ここではWebサイトのシステムを開発する際のちょっとしたコツを紹介します。 Webサイトシステム開発とは? Webサイトシステム開発の業務内容には…

Webサイト作成のポイント【デザイン編】

自社が気にいるデザインイメージをデザイナーに伝えるのは、本当に難しい作業です。ここでは「失敗しないイメージの伝え方」を紹介したいと思います。 Webサイトのデザインは企業の顔 Webサイトのデザインで企業の印象は変わります。個人の好き嫌いではなく…

Webサイト制作のポイント【設計編】

制作に入る前に仕様書をチェックしましょう。Webサイト制作は後からの仕様変更が困難になる場合が多いので、仕様変更を無理に行うと予定していた予算や制作時間をオーバーしてしまう原因になります。 仕様書を見てみよう 「仕様書」とはWebサイトを制作する…

Webサイト制作のポイント【企画編】

Webサイトは作る内容によって制作費が変わってきます。ですから、まずはWebサイト制作会社に企画書を作成してもらいます。どんなデザインやページ構成になるのか?どんな狙いで作るのか? Webサイト制作会社の企画力をきちんと見極めましょう。 企画 - 第一…

Webサイト制作に関わるさまざまな職種

Webサイトはデザイナー以外にも多数の人の手によって制作されています。どんな職種の人が携わっているのかを把握して、実際に依頼するWebサイト制作会社を選ぶポイントにしましょう。 どんな人がWebサイト制作に携わるのか? Webサイトは「デザインができれ…

Webサイト制作にあたり自社で用意しておくもの

Webサイトを制作する前に、自社である程度決めておいたほうがよい事項を紹介します。わからないから制作会社にすべてお任せというのも1つの選択ですが、なるべく低予算でよいWebサイトを制作してもらうために事前準備しておきましょう。 事前準備するメリッ…

Webサイト制作の外注先

Webサイト制作の依頼先は、上場企業からフリーの個人まで複数あります。どの会社がよいのかは一概には言えませんが、ある程度の傾向をつかんで依頼先を探す際の参考にしてみてください。 Webサイト制作会社のタイプ Webサイト制作という業界は、参入するだけ…

コンテンツの配置方法

重要なコンテンツをどうやって伝えるか まず、伝えたい情報がどうすればユーザーに伝わりやすくなるかをまとめてみます。 伝えたい情報は大きく 文字のサイズ、写真、イラストなどは大きく掲載されていると目を引きつけることができます。季節ごとのイベント…

コンテンツリストを作成しよう!

バランスのとれたコンテンツをリリースしよう コンテンツはターゲット(お客様)が求めている情報をいかにわかりやすく整理できているかがとても重要です。コンテンツを増やすということは、情報を探しにくくさせるというリスクを持っているということを意識…

具体的なコンテンツ企画を立てるには?

まずは同業者を見る さて、実際に「Webサイトのコンテンツを考えてください」と言われたら、どうすればよいでしょうか? まずは同業他社のWebサイトを徹底的に観察することで、Webサイトのコンテンツの雰囲気や構成要素を把握することができます。 似た業種…

コンテンツ企画の基本

良質のコンテンツとは? インターネットでは明確な目的意識を持った人がWebサイトに訪れます。よいコンテンツとは、その目的を自社のサービスまたは情報で解決してあげることです。 例えば、ミネラルウォーターを買いたいとします。価格が「お問い合わせくだ…

お客様の目的を整理しよう!

お客様の目的を明確にする理由 Webサイトビジネスの特徴、ユーザーがせっかちという点があります。 自分の目的として情報が「見ているWebサイトにない」「見つけにくい」「わかりにくい」と感じた場合、即座に他のWebサイトに行ってしまうでしょう。 これは…

自社の目的を整理しよう!

目的をメンバーと共有しよう! より具体的な「目的」を設定することは、Webサイト制作における必須の項目と言っても過言ではありません。「目的=ゴール」があって初めて、どのようなWebサイトを作り運営していくかの戦略をかんがえることができます。Webサ…

同業種、競合他社など、参考サイトをチェックしよう!

とにかくたくさんのWebサイトを見てみよう 競合他社などの参考サイトは、目安として最低30サイトぐらいは見ておきたいところです。数を見ることによって、現在どんなWebサイトが主流なのかを感覚的に身に付けることができます。 その際、できるだけユーザ…

Webサイトを作ると、いくらかかる?

目的、機能、コンテンツによってさまざま 「ホームページを作ると、いくらかかる?」と聞かれても、どんなWebサイトを作るのかわからない状態では答えようがない、というのが正直なところです。 「クルマ買うといくら?」と聞かれても軽自動車なのか高級車な…

相談できる味方をつくろう!

何でも相談できる人を作ろう Webサイトの構築・運営に限らず、メールやパソコンなどについて詳しい知識を持ち合わせていない場合は何かと不安にあります。こんなとき何でも気軽に相談できる人の存在はありがたいものです。 社内にITに詳しい人がいればよいの…

成功のポイント!社内の体制づくり

Webプロジェクトの役割分担 ビジネスとしてWebサイトを構築・運営していく場合、会社の規模や構築するサイトに応じた「Webプロジェクト」を組織する必要があります。その上で役割分担を決め、各メンバーが責任を持ってそれぞれの役目を遂行していきましょう。…

重要!企画設計はじっくりと

企画設計に時間をかけてじっくりと 「Webサイト構築の流れを知ろう!」で標準的なWebサイトの制作期間は約3ヶ月と書きましたが、3ヶ月と聞くと「ずいぶん長いな・・・」と感じる方も多いでしょう。 特に、制作工程に入る前に準備段階(=「企画設計」)に…

ボタンは目立てばクリックしてくれるのか?

Webサイトに関わっていると、よく言われる言葉の一つに「もうちょっと目立つようにしたほうがいいんじゃないの」というものがあります。 特に多いのが、申込みボタンに対してです。 目立たせるのは決して難しくありません。例えば、 ・ボタンを大きくする。…

ホームページ公開のデメリット

ホームページを公開すると、まず私は「とにかく更新しましょう」と口うるさく言います。 勿論、SEO的にも更新されていないサイトよりされているサイトの方が重要とされます。 しかし、私が薦める大きな理由はもっと他にあるのです。それは更新が止まると、そ…

ホームページ公開のメリット

ある商品の詳細情報をどうしても知りたくてインターネットで検索をしました。しかし、いくら探しても出てこなかったという経験があります。 その事について、とあるサイト運営者へ問い合わせてみたところ、「そんな誰でも知っている情報を、わざわざホームペ…

営業ツール以外の役割としてのWebサイト

「ホームページを開設しただけで大成功!」なんていう話は今は、ほとんど聞きませんね。さらに最近では、Webサイトからの直接的な売上や問い合わせ数さえあまり気にされなくなっているようです。 Webサイトを見ても電話で問い合わせる方やWebサイトで確認を…

ホームページを紙で考える

とあるキャンペーンサイトの構成を考えていたところ、内容盛りだくさんにもかかわらず、1ページにまとめたいこともあり少々苦戦しました。ゼロから何かをつくる事って、やはり大変です。 作りたいものがはっきりしている時はいきなりパソコンに向かってレイ…

ゴールの大切さ

「ホームページは誰にでも簡単に作れる」と言う人がいますが、この「作れる」というのは、「一応の形ができる」ということです。 集客をして、伝えたいことを表現して、利益につながるホームページが誰にでも簡単に作れるという訳ではありません。 日々ホー…

Webデザインやってみようかな

一昔前と比べると、きれいなWEBサイトが非常に多くなりました。かつてインターネットが出始めた頃は、マイクロソフトオフィスのクリップアートみたいなイラストをガチャガチャとつけたWEBサイトをよく見かけましたがそれを考えると、すごい進歩ですね。 お花…