ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

サイト制作は自社で行うか、それとも専門家に依頼するか?

スポンサーリンク

Webサイトを制作・運用する場合、社内のスタッフで作る自社制作と、Web制作会社など外部の専門家に依頼するケースとがあります。ここでは、それぞれについて考察していきたいと思います。

 

自社で行うか、外部の専門家に依頼するか?

Webサイトを自社で制作している、またはこれから自社で制作しようとしている企業も少なくないでしょう。


Webの知識を持ったスタッフがいる、またはサイト制作に費用をかけたくないなど、いろいろな理由から自社で構築する道を選んでいる中小企業は多いようです。


また、費用をかけてでも外部の専門家に依頼して構築する企業もあります。大企業の場合は自社でホームページを作ることはまずありませんね。

 

果たしてどちらが良いか?

結論から言うと、「目的=ゴール」によってWebサイトのあるべき姿が異なりますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。


自社でホームページを構築する場合、一般の企業では当然プロ級のWebデザイナーがいるわけではありませんので、専門家が作るWebサイトに比べて見た目のクオリティが劣るのは仕方ないところです。


また、後述しますがWebサイトはいきなり作り始めるのではなく、「目的=ゴール」に誘導するための企画・設計がとても重要になりますので、この工程を省略してしまうと目的があいまいなサイトになってしまいがちです。


一方、専門家が構築する場合は「目的=ゴール」を明確にして企画・設計をしっかりと行い、プロのデザイナーがホームページをデザインしていきますので、一定のクオリティを保ったWebサイトが出来上がります。

 

「目的=ゴール」によって求めるべきクオリティが異なる

ここで重要になるのが、Webサイトの「目的=ゴールがは何か?というポイントです。
「会社案内サイトとして、基本的な会社情報が見ることができればよい。」あるいは「とにかくコストをかけずに、自社サイトを公開したい。」という目的であれば、自社で制作したサイトでも十分に要件を満たしています。


一方、「サイトから集客したい」「サイト上でオンライン販売したい」といった目的であった場合には、Webサイトを見たユーザーが感じる信頼性がとても重要となりますので、しっかりしたクオリティのサイトでなければ目的は達成できません。

 

営業ツールとして考えた場合

Webサイトを営業ツールの1つとして考えているのであれば、やはり専門家に委託した方がより効果的なWebサイト構築が期待できます。


予算の制約がある場合には、あらかじめ予算を伝えた上で、その範囲内で無理なくできることを提案してもらうようにしてください。


また、私の会社も行っておりますが、初期の構築のみを専門家に任せて、運用・更新は自社で行う方法もあります。


Webサイトをゼロから作り上げていくのは敷居が高いですが、すでに出来ているWebサイトを更新していくことは、自社スタッフでも可能です。

 

人件費も考慮した費用対効果

本来信頼性が求められるべき集客のためのWebサイトを、自社スタッフで苦労しながら構築しているケースもあるようですが、スタッフの人件費も考慮した費用対効果で考えると決して安くないはずです。


改めて「目的=ゴール」を踏まえた上でどのように進めるべきか検討するようにしましょう。