ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

ゴールの大切さ

スポンサーリンク

「ホームページは誰にでも簡単に作れる」と言う人がいますが、この「作れる」というのは、「一応の形ができる」ということです。


集客をして、伝えたいことを表現して、利益につながるホームページが誰にでも簡単に作れるという訳ではありません。


日々ホームページばかり作っているWeb制作会社の人でさえ簡単ではないのです。


インターネット初期には、「簡単にホームページでうまくいった人」も、中にはいたようですがインターネット成熟期にさしかかった最近では、ホームページを活用している人はある程度の労力をかけています。


絶対に辿り着かない“ホームページの完成”を目指して、

PDCA【計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Act)】

を繰り返すのです。


修行のような表現になってしまいましたが「大きな差別化になる」とも言えます。小手先のSEOテクニックや数日でできることは、いまやほとんど通用しません。


このような時だからこそ、継続による「蓄積」が大きな武器となりえるのです。


でも、ゴールがない作業(=WEBサイト運営)は張り合いが持てず、飽きるので継続することは難しいという人も多いです。


ダイエットやブログもそうですが、続けている人の多くが自分でゴールを作っています。これが“コツ”です。


まずは現状を把握して、少し先に分かりやすいゴール(目標)を作ります。


ゴールは数字にするとよいです。数字は、達成したかどうかが絶対的に判断できるからです。


 WEBサイト運営の場合、アクセス数、問合せ数、受注数、作成するページなどゴールにしやすいことがたくさんあります。


また、憧れのサイトや人を作るのもいいです。なりたいイメージを持つことはモチベーションを保ちやすいからです。


このように、ちょとしたコツが必要ですがゴールを決めて実行さえすれば一つ一つの作業はそれほど難しくなかったりもします。


やるか?やらないか?


今は選べるこの2つの差が将来の大きな差になるのだと思います。