ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

営業ツール以外の役割としてのWebサイト

スポンサーリンク

「ホームページを開設しただけで大成功!」なんていう話は今は、ほとんど聞きませんね。さらに最近では、Webサイトからの直接的な売上や問い合わせ数さえあまり気にされなくなっているようです。

 

Webサイトを見ても電話で問い合わせる方やWebサイトで確認をして実際にお店で購入される方の存在がはっきりと認識されてきているからでしょう。

 

でもWebマスターでしたらWebから入ってくるお客様の声、問い合わせに対しては真摯に向き合いましょう。

 

SEO対策についても「とにかく1ページ目にして」と要望される方もはほとんどいなくなったようです。検索エンジンでキーワードによって、たどりつく新規のお客様との出会いも大切ですが、Webサイトの役割が変わってきている為なんだと思います。

 

既存顧客様へのアフターサービスや定期的なお知らせ2回目の購入方法としてのWebサイトなどなど・・・

 

これらの場合、日頃のメールや文書のやり取りの中でURLをお知らせしたり、名刺や封筒やパンフレットにURLを記載したりというルートでWebサイトを見に来てもらう事が多いです。

 

 


と、ここまではよく聞く話ですが、Webサイトの内容が既存顧客様向けのものになっていますでしょうか?

 

「自己紹介(会社概要)と主力商品の概要説明のみのサイト。」の場合、新規のお客様への入り口としては十分かもしれませんが、既存顧客様には、もっと詳しい商品説明や、さらなる提案。会社の最近の活動やスタッフの様子。コミュニケーションをとれる仕組みやリピーター割引等も喜ばれると思います。

 

SNSを使うのもいいですね。リピーター対策には力を発揮するツールです。速報性もWebサイト以上に兼ね備えていますので、ぜひ使いたいところです。

 

Web環境を取り巻く変化もあり、最近のサイトは一昔前と違って、制作するのがとても難しくなっているんですね。

 

本当はニーズがあるのに、そこに情報が届いておらずもったいないなぁと思うサイトを結構見かけます。

 

あなたの会社のサイトはどうでしょうか?どんな方に向けてどんな情報を発信していますか?

 

今一度、振り返ってみてください。