読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

ホームページ公開のメリット

スポンサーリンク

ある商品の詳細情報をどうしても知りたくてインターネットで検索をしました。しかし、いくら探しても出てこなかったという経験があります。

その事について、とあるサイト運営者へ問い合わせてみたところ、「そんな誰でも知っている情報を、わざわざホームページに掲載しなくてもみんな知っているよ」というニュアンスの返事が返ってきました。

ごめんなさい。私は知りませんでした。(-_-;)

しかし、これを聞いた私は、「何てもったいな!」と感じました。

それは、これほど探しても出てこない情報という事はライバルサイトが少ないという事です。

これこそニッチな情報という事です。

私の様に探しているユーザーは他にも必ず居るはずです。

そのページを持っているだけで、これらのユーザーを取り溢しなく自社サイトへ誘導できるのではないでしょうか。

当たり前の事でも、ホームページなら、どんどん説明した方が私は有利だと思います。

また、同時にSEO対策にも繋がります。

という訳で今回は、基本的な事ですが、ホームページ公開のメリットを考えていきたいと思います。

●24時間365日の情報発信

周知の事実ですが、ホームページを公開すれば、休む事なく情報を発信し続けてくれます。

これはテレビや新聞広告などと違ってホームページの一番大きなメリットと言えます。

●鮮度の良い情報を発信できる

リアルタイムの情報を発信できる上、訂正や修正も瞬時に行う事ができます。

チラシやポスターではこうはいきません。

●シェアが無限大

地域差を全く感じることなく、全国に情報を発信できる為、チラシやポスターに比べ圧倒的に有利です。

●自社のブランド化

Webサイトを活用することにより、自社のブランドが強化されます。

あなたはWebサイトのある企業と持っていない企業とではどちらのほうが信頼できますか?

●双方向コミュニケーション

問合せフォームやブログ設置によってユーザーの生の声が聞けます。

チラシやポスターでは、アンケートや懸賞を実施しなくてはなかなか手に入らない情報もホームページなら手軽に入手できます。

●安価な広告宣伝費

ホームページの費用対効果は長期的なスパンで見る為、なかなか見え難いですが、月間ページビューで考えると比較的分かりやすいかと思います。

月間ページビューが10000pvでホームページのリニューアル周期を3年とした場合。ホームページと新聞折込でコストの比較をしてみます。

ホームページ制作費 50万円。
サーバー維持費、ドメイン管理費合わせて3年間で195000円
(サーバー維持費月額5000円、ドメイン管理費年間5000円で計算)
合計 59万5000円

新聞折込は10人に1人が手に取るとします。
月に10000人に読んでもらう為には毎月10万部印刷しなければなりません。

デザイン版下代 10万円印刷代 30万円(@3円)
新聞折込代 30万円(@3円)
小計 70万円70万円×36か月=2,520万円

単純計算ですが、新聞折込の費用は、なんとホームページの40倍以上もコストが必要になります。


以上、簡単ではありますが、ホームページ公開のメリットを幾つか挙げてみました。

なお、メリットがあるという事はデメリットも存在します。

明日は、その事についても考えていきたいと思います。