ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

ボタンは目立てばクリックしてくれるのか?

スポンサーリンク

Webサイトに関わっていると、よく言われる言葉の一つに「もうちょっと目立つようにしたほうがいいんじゃないの」というものがあります。


特に多いのが、申込みボタンに対してです。


目立たせるのは決して難しくありません。例えば、

・ボタンを大きくする。
・ド派手な色に白抜きの文字にする。
・光らせたりピコピコと動かしたりする。
・シャドウをつけて思いっきり立体的にする。
・マウスを乗せると色が変わる。

いかがですか。


想像しただけでも目立つと思いませんか?


交通標識や警報機などと同じですね。


しかし、目立つボタンはクリックされるでしょうか?


実は、目立ちすぎるボタンはむしろ押してはいけない危機感や商売じみた厭らしさがあって敬遠される傾向にあります。


それに、誰でも必要のない物は買いませんし、必要のない資料請求はしません。つまり、ボタンを目立たせてクリックしてもらったとしてもあまり意味はないのです。


大切なのは、内容や説明文、写真などでお客様に必要だと思ってもらう事です。


そして、「必要だ、欲しい」と思った時に、目が行く自然な場所に全体とマッチした自然なデザインのボタンがあればスムーズにクリックしてくれます。


「売ろう」とか「クリックさせよう」ではなく「伝えよう」という真心。


Webサイトのデザインは、そんな気持ちも表現しているのです。


皆さんのサイトはどのような心で作られていますか?


今一度見直してみてくださいね。