読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

Webサイト運営って何をするの?

スポンサーリンク

成果を上げているWebサイトは必ず運営をしています。Webサイトを作ってはみたが反響がなかったという話を聞きますが、原因は「適切な運営をしていない」というケースがほとんどです。

Webサイト運営とは

Webサイトを放置していたら、売上につながるような成果はほとんど期待できません。リアルビジネス同様に、人材の経費と予算の投資が成果を上げるために必要となってきます。

Webサイトにお客様を集めるためには、「戦略を立てる」「実行する」「検証をする」という流れを実施する必要があります。

 

Webサイト運営って何をするの?

Webサイト運営とは具体的に何をするのでしょうか? これまで説明してきたように、自社の目的とお客様の目的を達成させ、自社の売上アップに貢献できるWebサイトに育てましょう。

Webサイトの更新

Webサイトは情報の鮮度が重要ですので、定期的に更新する必要があります。きちんと更新をするWeb担当者を決めておかないと、次第に誰も更新しないWebサイトとなってしまいます。

アクセス数の確保

SEM広告を出したり、SEO対策を行ったりすることにより「目的意識を持ったユーザー」を集めます。アクセス数よりも、いかに目的意識の高いユーザーを集められるかがポイントになります。

SEMとは、検索エンジンから自社のWebサイトへ訪問者数を増やすマーケティング手法全般のことを指しますが、現在はリスティング広告を「SEM」と呼ぶことが一般的になっています。

リスティング広告は、Yahoo! JAPANやGoogleといった検索エンジンに広告を出稿することを表します。

アクセス解析

日々のアクセス数や、ユーザーがどんなキーワードで検索して自社のWebサイトに訪れたのかを調査します。ビジネス目的でWebサイトを運営する以上、1日のアクセス数が見当もつかないという担当者には決してならないでください。

Webサイトの改善

アクセス解析などのデータが思わしくない場合は、Webサイトの改善を行います。キャッチコピーを変更してみたり、画像素材を変更してみたり、お問い合わせフォームの位置を変更してみたりと、より効果が上がるWebサイトに作り変えていきます。

 

Webサイト運営をするために必要なこと

Webサイトを運営するために決めておきたいポイントがあります。

担当者を決める

Webサイトの更新は誰がやるの? SEM広告は誰がやるのか? アクセス解析は誰がやるのか? ここをきちんときめる必要があります。

必ずしも自社ですべてを行う必要はありませんが、外注する際にはきちんと「任せて安心な業者か」を見極める必要があります。基本的なことを質問してみて、あいまいな回答をする業者ならば取引をしないほうが賢明です。

予算を決める

Webサイトにかけることのできる運営予算を確保します。主にアクセスを集めるSEM広告やWebサイトの手直しをする際に必要となってきます。

時間とお金を投資しないと、なかなかWebサイトでビジネス的な成果を上げるのは困難です。ただし、ちゃんと投資することで強力なビジネスツールとなりえます。

小規模なWebサイトならば週に1~2時間ほど人員を充てて、月に1万円~2万円ほど投資することでWebサイトの運営は可能です。成果が上がってきたら、徐々に投資の規模を拡大していけばより高い効果が期待できますので、まずはWebサイト運営を始めてみてください。