ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

Webサイトを更新するメリット

スポンサーリンク

Webサイトは情報の鮮度が大切ですので、更新作業をきちんとしていく必要があります。当たり前のことなのですが、続けていくにはきちんとした仕組みや「更新をするメリット」を認識する必要があります。

Webサイトを更新する理由

例えば、2年間ほど更新のないWebサイトがあったとします。そのWebサイトに問い合わせを送った場合、果たして返事は届くでしょうか?

おそらく「返事は来ないのではないか?」と考えるのが常でしょう。単純な例ですが、Webサイトの更新を怠ることによって、企業としての信頼が落ちてしまいます。

ここでは、Webサイトを更新するメリットを紹介していきます。

ユーザーに信頼感を与える

更新管理がきちんとされているWebサイトは、ユーザーに信頼感を持ってもらいやすいということが言えます。逆に数年間更新されずに放置されているWebサイトは、信用を落とす原因になりかねないので、気をつけてください。

リピーターの獲得を狙える

有益な情報を発信すると徐々にWebサイトのリピーターを獲得することができます。顧客の管理はビジネスでは非常に重要なことですので、Webサイトでその手助けができるのならば利用しない手はありません。

SEO対策になる

検索エンジンは、頻繁に更新するWebサイトの方が情報が新鮮なため重要だとみなします。

また、更新を繰り返すことによりWebサイトのページ数が増えます。Webサイトのページ数は、SEOにおいて大変重要になります。

 

簡単に更新できる仕組みを取り入れよう

更新を自社でやるのか、Webサイト制作会社がやるのかを決めておかなければなりません。なるべくランニングコストを抑えるという意味でも、自社でやれるべきところはやってしまうことをお勧めします。

Webサイトのテキストを少し変更する度に、Webサイト制作会社に依頼していては、面倒です。この場合は「CMS(コンテンツマネージメントシステム)」を導入しましょう。今、流行りのワードプレスもCMSの一種です。

 

誰が内容をチェックするのか?

CMSを導入すると、手軽にWebサイトの更新ができます。逆の言い方をすれば、一歩間違えると気軽に書いた文章が会社の公式文書として世の中に出ることになります。誤字脱字はもちろん、コンテンツの内容自体の妥当性やチェックが必要となります。

「コンテンツごとに、更新は誰がして内容のチェックは誰がするのか?」をきちんと決めておきましょう。