ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

目のトラブルを防ぐストレス対策

スポンサーリンク

ストレスは「万病のもと」と言われますが、目の病気も例外ではありません。ストレスを原因とする目のトラブルを防ぐためには、何よりもストレスを遠ざけ、蓄積しないことです。

積極的にストレスを予防・解消して目の健康を守ろう

現代社会は、さながら「ストレスのるつぼ」です。その要因はいたるところにあり、ストレスのない人は皆無といえるでしょう。

私たちは、多少のストレスぐらいならはねのける力を持っていますが、限度を超えて体内に蓄積されると、やがては心身を疲労させ、健康を害することになります。

ストレスによる体調の変化は、眼精疲労などとして現れ、症状を放置すれば目にさまざまな異常をもたらします。

ここでは、目を守るために必要な「ストレス社会遊泳術」のいくつかを紹介します。

 

ストレス社会遊泳術で目を守ろう

心身に疲れを感じたら、無理をしないで積極的に休みをとる

心身の疲労は、ストレスの最大の要因です。忙しいからといって休みをとらない人もいますが、からだを壊しては何にもなりません。

仕事から離れて定期的に休養するところが、ストレス解消の最善の策です。

特に、疲れ目、肩こり、頭痛、腰痛などの症状があるときは、からだが休息を求めているサインと受け止めて、積極的に休むことです。

仕事以外に何か熱中できる趣味や楽しみを持つ

人生80年を迎え、いま行き方が問われています。夢中になれる趣味や楽しみを多く持っている人は、生き生きとして輝いています。人生を前向きに、楽しく過ごすことができれば、「ストレス知らず、ストレスもおのずから遠のく」と考えます。そんな風に感じませんか?

日常生活に変化をつけ、新鮮な刺激を取り入れる

心身に心地よい新鮮な刺激は、ストレスを吹き飛ばしてくれます。例えば、旅行や食べ歩き、カルチャースクール、ボランティア活動、友人たちとの交流など、そこには新鮮な驚きと感動があるはずです。友人との交流は、いつも会っている社内の人間でないほうが刺激的ですね。

暮らしに変化とリズムをつけ、心身をリフレッシュするのも有効なストレス対策です。

自然とのふれあいを多く持つ

健康づくりと人間性の回復には、自然と接することがとても重要です。それは、人間も自然界の生き物として、自然とおおいに関わりを持っているからに他なりません。

休日に海や山に出かけてもよいし、家庭菜園やガーデニングで自然に親しむ方法もあります。花鳥風月を愛で、自然の生気に触れれば、ストレスは発散され、目も大歓迎です。

家族とのコミュニケーションを豊かにする

家族との絆を大切にする人は、ストレスに強いといわれています。家庭は休息の場であり、家族団らんの場です。家族との会話の多い家庭は、お互いを理解する機会も多く、何かあればみんなが一致団結して当たれます。絆が強い家庭ほど、ストレスの入り込める余地は無くなります。