読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページよりも健康が気になるWebマスターの独り言

長年、Webマスターをしていますが、イスに座ってモニターばかり見ているから最近は仕事よりも健康が気になっています。

他にもある、目にいいビタミンの働きと摂り方

スポンサーリンク

種類が多いビタミンの中で、AとB群は特別ですが、その他にも目に有効なビタミンがあります。おもなビタミンをピックアップしましたので、食生活の参考にしてみてください。

ビタミンB2は、疲れ目や目の充血の改善に効果的

ビタミンBは、とくに脂肪のエネルギー代謝に必要なビタミンで、ビタミンB1と同じように皮膚や目を守る栄養素として重要な役割を果たします。とくに、疲れ目などで起こる目の充血に効果があり、視力向上にも有効です。また、動脈硬化や肥満防止にも役立ちます。

ビタミンB2が不足すると、疲れ目、角膜炎、結膜炎などの原因となり、唇や肌荒れの要因にもなります。

ビタミンBは水溶性ビタミンですが、意外に水と酸に強く、調理の際の損失は20~30%程度と考えられています。しかし、アルカリや紫外線に弱く、日光にあたると壊れる可能性があります。

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に重要な働きをすると同時に、血液を作るために欠かせない栄養素です。

不足すると、眼精疲労や目に炎症を起こしたり、貧血やうつ病の要因になることが知られています。

 

ビタミンCは水晶体の透明度を保ち、目をリフレッシュする

ビタミンCは、毛細血管、皮膚、粘膜、また歯、腱などの細胞組織を丈夫にする栄養素です。そして、細菌やウイルスに対して抵抗力を増強する働きがあります。

目に関しては、水晶体の透明度を保つとともに、細菌などから目を守りリフレッシュさせる働きや、老人性白内障の予防効果も期待されます。

なお、ビタミンCの働きで見逃すことができないのは、生活習慣病の原因となる過酸化脂質を抑え、コレステロールを低下させることです。さらにストレスを予防する効果もあり、結果的に目の病気を遠ざける作用が大いに期待できるビタミンといえます。

 

ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、生で早めに食べる

ビタミンC欠乏症としては、歯茎から血が出る壊血病(かいけつびょう)が有名ですが、今日ではほとんど見られなくなっています。それよりビタミンCが不足して起こる肌荒れのほうが現代女性にとっては重要でしょう。シミ、ソバカスが気になりだしたら、ビタミンCをたっぷりと摂ることをおすすめします。

ただし、ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、調理の過程でその多くが失われることを覚悟しなければなりません。

そのため、野菜などはサラダにして生で食べたり、熱処理は短時間にして早く食べるなどの工夫が必要です。

なお、かぼちゃやイモ類に含まれるビタミンCは、比較的熱に強いので、からだへの供給源として上手に利用するとよいでしょう。

 

ビタミンDは、ビタミンAの吸収・促進に欠かせない

ビタミンDはカルシウムやリンなどの成分を、骨や歯に吸収・沈着させる働きが知られていますが、目の栄養素として大切なビタミンAの吸収・促進にも欠かせません。

不足すると骨が曲がったり、骨粗しょう症などのほか、視力障害の要因ともなるので要注意です。

ビタミンDは、食物のほかに、太陽の紫外線によって皮膚でも合成されますが、多量のビタミンを必要とする妊婦さんは、意識して含有量の多い食品(しいたけ、高野豆腐、いわし、さばなど)を摂取することが、目の健康にとっても重要です。

 

ビタミンEは、目の老化を防ぐ「若返りのビタミン」

ビタミンEは、老化を防ぎ、若さを保つ栄養素です。おもな働きは、動脈硬化の原因となる脂質の過酸化を予防し、コレステロールを抑制することです。また、血行を促進してからだを活性化させ、目に活力を与えます。40歳を過ぎて疲れ目や老化が気になる人は、積極的に摂取するとよいでしょう。

なお、ビタミンEは夏の冷房病やドライアイの予防効果にも注目されます。

なおビタミンEの目標摂取量は、成人男子で1日6.5ミリグラム、成人女子で6ミリグラムを食事摂取基準にしています。